2ショット でれ

筆者「まずは、みんなが2ショット でれに女性と会うようになったいきさつをそれぞれインタビューしたいと思います。
来てくれたのは、高校を卒業せずに五年間自宅警備員を続けてきたというA、2ショットせどりで収入を得ようと考えているものの苦労しているB、小さな芸能プロダクションでレッスンを続けながら、アクション俳優志望のC、でれ2ショット でれのすべてを知り尽くしたと自慢げな、2ショットティッシュを配っているD、加えて、新宿二丁目で水商売をしているE。
誰もが二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅パトロール中)「俺は普段ずっと家にいるんですが、ネット上ですごくルックスのいい子がいて、向こうからコンタクトが来てでれ、それから、あるサイトのアカウントをゲットしたら2ショット、課金しなくても連絡取れるって言われたので2ショット、アカウント取ったんです。そしたらその子からメールの返事がこなくなったんです。けどでれ、他の女性とも何人か気にならなかったですね。」
B(せどりに)「使い始めはやっぱ、自分もメールがきっかけでしたね。すごいきれいな人でタイプだったんです。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトの場合2ショット、サクラの多さで話題のところだったんですけど、2ショット会えたこともあったのででれ、そのままちゃんと利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私はですね、役作りになるだろうと思ってアカウント登録したんです。2ショット でれを使ううちに依存する役に当たって以降ですね」

イーモバイルでどこでも2ショット でれ

ティッシュ配りのD「僕に関しては、2ショット友人でハマっている人がいて、影響を受けながら登録しました」
それから、最後を飾るEさん。
この人についてですが、ちょっと特殊な例なので正直なところ一人だけ参考にはならないかと。
筆者「もしや、芸能界に入るにあたって有名でない人って、でれサクラを仕事にしている人が多いのですか?」

結局残ったのは2ショット でれだった

E(とある芸能人)「そうだと言いますね。サクラでの小遣い稼ぎって、でれシフト結構融通が利くしでれ、我々みたいな、急にステージの予定が入ったりするようなタイプの人にはばっちりなんですよ。予測不能の空き時間にできるし2ショット、人生経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「経験になるよね、でれ女性として接するのは一苦労だけど我々は男目線だから、自分の立場から考えたうれしい言葉を向こうに送ればいい訳だしでれ、男性心理はお見通しだから2ショット、相手もやすやすとのってくるんですよね」
A(メンキャバ従業員)「逆を言うとでれ、女でサクラの人は男性客の心がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
著者「女の子のサクラよりでれ、男性のサクラの方が比較して成績が上なのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「まぁ、そうですね。優秀なのは大体男性です。ところがどっこい2ショット、僕なんかは女の役を作るのが上手じゃないので、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人事務所の一員)「言わずとしれて、ほら吹きが成功する世の中ですからね…。女の子を演じるのが大変で…僕たちも苦労してます」
ライター「女の子のキャラクターをやり続けるのも、色々と苦労するんですね…」
女性の人格の成りきり方についての話に花が咲く彼ら。
途中、あるコメントをきっかけに、自称アーティストのCさんへの注意が集まりました。
D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとか欲しがったらけっこういけませんか?わたしだって2ショット、何人も同じの注文して1個を除いてあとは現金に換える
筆者「えっ?贈り物売却するんですか?」
D(キャバクラ在籍)「言っても、皆も売却しますよね?残しておいてもどうにもならないし流行っている時期にバンバン使われたほうがバッグの意味があるんじゃん」
E(十代、女子大生)ごめんなさい。わたしなんですが、でれ質に出しますね」
C(銀座のサロンで受付担当)ネットの出会いでそこまでATMが見つかるんですね…私は一度もプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。2ショット でれ上でどんな意図で利用している男性と直で会いましたか?
C「高級品を送ってくれる相手にねだったりはしてないです。多くの人は、普段女の人と関わってなさそうで、フィーリングとか気にしない人たちでした。わたしなんですけど、2ショット でれのプロフを見ながら恋人探しの場として利用していたのにいきなりセックスするのはムリですね。
筆者「2ショット でれにアクセスするのはどんな出会いを知り合いたいんですか?
C「調子乗ってるって承知で言うと医師の方とか法律関係の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。
E(国立大に通う)わたしはというと、国立大に在籍中ですが、でれ2ショット でれ回ってても、優秀な人がいないわけではないです。かといって、ほとんどはイマイチなんです。」
2ショット でれの調査を通してわかったのは、でれオタクを敬遠する女性が見る限り大多数を占めているようです。
オタク文化が一般化しつつあるかに思われがちな日本でもまだオタクを恋愛対象として受入れがたい薄いようです。